fc2ブログ
福岡の英会話スクールACE Englishのスタッフブログ
福岡市天神の英会話スクール「ACE English」スタッフが送る、笑えてときどきためになる(かもしれない)ブログ。
I CAN’T IMAGINE IT HERE
Ianが語ります。長いです

Warning: This blog entry is quite a long one. It is about Japan, but I need to talk about my own country first.

Like many of my countryfolk I was saddened by the recent death of HM Queen Elizabeth the 2nd. May she
rest in peace. What I was definitely not saddened by was the recent departure of that blonde buffoon Boris
Johnson, a man sadly lacking in the qualities Her Majesty displayed in spades throughout her reign and for
which she was widely respected, even by people like myself who are skeptical about the monarchy.
I’m talking about dignity, self-sacrifice, discretion and plain class. Anyway, to the point…

In his farewell speech Johnson rattled off in his usual machine gun style a long list of his government’s
positive achievements (more Foreign Direct Investment, more wind-power, more nuclear reactors to
help us solve our energy issues, more trains…..more of everything except crime). Had I believed it
I think I might have taken the next plane home! Unfortunately, though, Johnson inhabits a parallel universe.
What he failed to mention, but what both he and the British people know full well, is that the nuclear plants
will be built by French companies - hopefully with finance from China; the wind turbines are made mostly
abroad; trains (which Britain invented but doesn’t make anymore) are made for us by foreign companies like
Hitachi. I could continue in the same vein for a long time, but I think you get the point.

He also knows that the Foreign Direct Investment he is so proud of attracting is simply a euphemism for
British companies no longer being able to provide jobs for British workers, so we have to rely on foreign
companies to do it. Related to this, anything worth buying has been sold off to foreign buyers: Mini Cooper
cars, top football clubs, prime real estate in London, new IT start ups that look promising and are quickly
snapped up by holding companies in the Cayman Islands…..you name it. And it doesn’t matter who the
buyer is. It might be ‘Sovereign Wealth Funds’ (often shorthand for middle-eastern petrostates) that are
looking to ‘sportswash’ their human rights records (Manchester City football club). It might be Putin’s
kleptocratic cronies, who apparently own mansions all over the posher parts of the capital (it is no
accident that London is called Moscow-on-Thames or Londongrad). It might also be foreign billionaires
who wouldn’t know the difference between football and cricket (Liverpool FC, Chelsea FC and
Manchester United). The list is endless. The whole country is for sale, and of course it hardly needs
saying that it’s people like Johnson who benefit most from it.

You may wonder what all this has to do with Japan. Well, it’s the contrast! Sure, we live in a globalized
economy, but I just cannot imagine a Japanese prime minister standing up in Parliament and boasting
about this kind of ‘Foreign Direct Investment’, or acquiescing to Japanese companies being bought up
en masse by foreign buyers. And I cannot imagine the people of Japan thinking of the situation in Britain
as anything other than humiliating. Would Japanese workers be comfortable if a foreign buyer interested
in nothing but a quick profit (so-called vulture capitalists) made a bid for their company? I don’t think so.
Would the Japanese people be ashamed if they no longer made their own trains, nuclear reactors and big
ships? I’m sure they would. Would the fans of Tokyo Giants be pleased if their team was bought by foreigners
with no interest whatsoever in baseball and who saw the club purely as a commercial enterprise? No, I am
positive they wouldn’t. Actually, given that most people in the world have no interest in baseball (it seems
to be on a par with Sumo as a global sport) such a takeover is very unlikely to happen. Who would want to?
But you know what I mean, and I think I’ve made my point. I just can’t imagine any of this here.


ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support






テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

生徒さんおすすめの洋書
職場で英語が役に立ちました♪と喜んでいる生徒さんがいました。
レベル5のKanakoさんです。何か尋ねたそうな様子の海外の方がいたので、
すぐに英語で声をかけてみたところ、お耳が不自由でした。
そこで、英語での筆談で対応。とても喜んでもらえたとのことです。

「ずっと趣味で英語を学んでいましたが、こうやって誰かの役に立てて嬉しいです」、とのこと。

英会話以外の場所で英語を使えると、モチベーションも上がりますよね 

また、Kanakoさんには、英語の絵本も紹介してもらいました。

英語版しつもんブック tupera tupera(著)


福岡市美術館で展覧されていたtupera tuperaの「かおてん.」 (8月終了)
に訪れたところ、販売されている書籍の中に埋もれているこの本をみつけました。
変わった質問と何かの顔の絵が1ページずつ描かれているユニークな絵本です。

Kanakoさんのお気に入りの質問は、

‘Do you eat things you like, first or last?’

クリエイティブな質問に英語で瞬時に答えるのは脳トレにも良さそうですね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レベル6のToshikuniさんは、最近洋書にはまっております。
先日は読み終わった洋書をACEに寄贈してくれました。

Where the Crawdads Sing by Delia Owens


多様な要素が詰め込まれたミステリー小説です。

たまたまMathewとF子も読んだことがある本だったので、Toshikuniさんと感想を言い合うことができました。

そしたら、ミステリー小説など読みそうもないJayまで読みはじめ、すぐに完読。

He had it coming.(彼は報いを受けた)   Jayはいつも小粋な英語表現を教えてくれます。

と言いながらやって来て、Mathewと楽しそうに本の内容を話していました。
小説を回し読みして、感想を言い合うなんてほのぼのします。

こちらの小説は、ただいまACE書架にあります。ご興味ある方はぜひ。

ちなみにF子は、レベル5のEtsukoさんの本棚で読まれることなく眠っていた
Klara and the Sun by Kazuo Ishiguroをお借りして読み終えたところです。
同作家のNever Let Me Goを彷彿とさせる内容でした

読書の秋、洋書にチャレンジされたい方は、ACEオフィスでお待ちしてます


ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support






テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

英会話を始めたきっかけは?
みなさん、それぞれのきっかけがあり英会話を始められたと思います。

K余もかれこれ〇十年前、海外で暮らしてみたい・・・という憧れから、英語を習いはじめました。
動詞が時制によって変化するっという事もわすれていたレベルからの出直しだったので、
ネイティブの先生となんとか挨拶を交わせただけでも、
「やったぁ英語が話せたぁ!」とご機嫌で帰宅していたことを憶えています。
ハハハ
思い出すと笑えますが、こんな小さな喜びが、継続の力になったのはたしかです。

今回は、この夏ACEに入会された生徒さんに、英会話をはじめたきっかけをお聞きしました!

レベル4B・Kengoさん

Kengoさんは、お仕事で頻繁に海外の方とメールをやり取りしています。
なので、英語を読むこと、書くことには慣れています。
しかし、先日久~しぶりにマレーシアの方とのオンラインミーティングに参加した時のこと、
あれ?言葉が出てこない・・・ヤバい!    汗、汗、焦り
このことがきっかけとなり、ACEに通うこととなりました。

レベル別のクラスはもちろん、Easy Speakingにも参加しながら、約1ヶ月が経ちました。
10代の頃、勉強していた時のことを思い出しながら、英語での会話を楽しまれているようです。
今後の目標は、海外の人たちとの会議に、今は英語が話せる部下の方に
同席してもらっていますが、半年後には一人で出席することです!


レベル4A・Makikoさん

学生時代、ものすご~く英語を勉強したにもかかわらず、英語を話せない!
理解はできているのに使えない!そのギャップを埋めたい
という思いがずっとありました。
それと、もうひとつ。

弟さんがアメリカにいらっしゃるそうなんですが、その弟さんのお友達から、
何やらMakikoさんは、“(英語が)しゃべれない認定”を受けているそうです。  
うわぁぁぁぁ、欲しくない認定ですねぇ。

まず話すことに慣れ、自信をつけてアメリカへ行きたいですっと。 
Makikoさん、なるべく早く行って、その認定取り消してもらいましょう

レベル3・Sarasaさん

以前から、英語を勉強したいと思っていましたが、
きっかけはと言うと、やはり海外旅行に行きたいという気持ちからです!
お友達とハワイ旅行の計画はあるようですが、コロナの状況で現在保留中。
日常から離れたところに行き、パーっと開放感を味わいたいとのことです。 
本当、そろそろパーといきたいものです。

そんなSarasaさん、海外旅行もですが、もっと身近にもきっかけがありました。
Sarasaさんもお仕事で海外の方と接する機会があるそうです。
国籍は幅広く、現在はドイツの方、以前はアメリカバングラディシュの方々など・・・
いつかは通訳なしで、うまくコミュニケーションを取れるようになりたいと思いますと。

みなさん、きっかけも目的も違いますが、
ACEで小さな喜びを見つけながら、目指すところに一歩一歩近づいてほしいものです



ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support






テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

パパ育休&英語のワークショップ
パパ育休という言葉、少し前からよく耳にしますね。
英語では‘Paternity Leave’と言います。
この制度を利用している方は、ママ育休(Maternity Leave)にくらべるとまだ少ないのが現状です。

ところでこのたび、パパ育を取得されたレベル4AのYuichiroさんが、
RKB企画で密着取材を受けています。

「ワンオペ育児はさせられない」新米パパの育休日記~RKBで初めて取得した男性記者 - YouTube

レッスンでは落ち着いて英語を話されるYuichiroさんですが、動画内では新米パパとして
また違う一面をみせてくれます。

この動画は一定期間を過ぎるとなくなるようです。みなさん、すてきなファミリーの様子をお早めにご覧下さい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Martin's English conversation and leather-making workshop
開催のお知らせです

恒例になりました、英語でのワークショップ。
今回みなさんと一緒につくる革製品は、コインケースです。アクセサリーやイヤホン入れとしても
ご利用できます。

日にち: 9月23日(金・祝)
時 間: ①10:30~ ②14:00~ (約2時間)
場 所: ACE Office(A1008)
参加費: 4,800円(材料費、税込み)
人 数: 各 3~5名(最小催行人数 3名)
申込締切: 9月15日(木)
 
材料(キット)や道具はこちらで用意しております。

IMG_15922.jpg


英会話もレザークラフトも同時に楽しみましょう
皆さまのご参加ぜひお待ちしております


ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support









テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

Early birds
数日前、福岡で激しい雨と雷の夜がありましたね。
その翌日、IanとT子さんが前夜の大雨のことやイギリスの水不足について話していました。

K余は、その会話をフンフンと聞いていたのですが、
なにやら、雷がゴロゴロと鳴っている最中、Ianバルコニーから撮影された雷の動画が届いたそうです。
夜中の2時に 誰からだと思います 

送り主は、Jayです!

K余は「At 2am? From Jay?」  仲良しティーンエイジャーみたい!と思いながら、心の中で笑っていました。
あとでJayに聞いたら、Ianはその時間にもかかわらず律儀に返事をくれたとのこと。
(しっかり目覚めていたんですね)
微笑ましく思いながらも、おもしろい2人だなぁ~とあらためて。

と言うのも、この2人お盆休み中に、を求めて仲良く三瀬にドライブ
笑えるのがそのタイムスケジュールです。
午前5時にIanがJayをピックアップ、そして三瀬へ。 三瀬で何をしたのかは不明です(あえて聞きもしません)
そして、午前8時にはもう帰宅という超朝型のお出かけ。

“え!8時に帰ってたの?どういうこと?何しに行ったの?”って感じですが、
2人の人込みを避け涼しい場所にという目的は果たしています。
車中で楽しくおやじギャグでも言い合って過ごしたのかな? 
そしたら、まさにその場が「涼」ですよ、たぶん「冷」に近いでしょうね…

おじさんベテラン2人のおもしろい関係、おもしろい行動。こっそり端から楽しんでいます。

実はこの2人、今週もまた早朝ドライブに出かけたようです。
今回は写真を見せてもらいましたので、みなさんにも。


2E07CAA6-C8C6-4598-8D48-31F49DC51AB91-3.jpeg

345CBFF6-5036-4AB8-B058-DB2A1DBB0A9D6.jpeg

BF70937D-83E4-4076-B570-8964399B23A3-5.jpeg


ACE English はこちら
ご質問・お問い合わせはメールにて大絶賛受付中info@aceenglish1995.com

ブログランキング参加中 ACEはいったい何位
ランキングが気になる方はこちら



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
Thanks a lot for your kind support









テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育



プロフィール

ACE English

Author:ACE English
福岡市天神地区の英会話
スクール・ACE English。
たくさんの生徒さんに
支えられて、おかげさまで
今年26歳になりました。

「HPだけじゃ伝えきれない
ACEのウラの顔をタレ込みたい!」
というスタッフの願望から、
スタートしたこのブログ。

日本一おもしろい(?)
スクールブログを目指しています。



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード